本文へスキップ

DS Vision 3000 VGAビデオ延長・分配システム

   
製品概要
DS Vision 3000は、CAT5ケーブルを使った業界最高性能の1080p VGAビデオの延長・分配システムです。最新技術のビデオエンジンを搭載し、PCなどの高解像度ビデオ、ステレオ・オーディオ、フルRS232信号を1本のCAT5ケーブルを使って最大600mまで延長・配信できます。本システムにより、1台のプレイヤの1080pフルハイビジョンビデオとステレオ・オーディオ信号を分散配置した複数のプラズマ/LCDディスプレイへ配信すると同時にRS232によりディスプレイに対するリモート制御が可能です。DS Vision 3000により、最新のデジタルサイネージ ビデオ延長システムを構築できます。導入事例に関しては、デジタルサイネージのアプリケーションをご参照下さい。
日本国内だけでも、数千台のディスプレイに導入実績を誇るベストセラー機種です。

最大600m延長できるデジタルサイネージ ビデオ延長システム
DS Vision 3000は、メディアプレイヤから最大600m離れた様々な場所に分散配置したディスプレイまで1本のCAT5ケーブルにてオーディオ・ビデオ信号の配信が可能となります。本システムは、モジュール設計となっており、場所に合わせた最適な装置を選択使用することができます。この結果低コストにて、柔軟性の高い1080pハイビジョンの高解像度ビデオのデジタルサイネージ配信システムを実現できます。

フルハイビジョン品質の高解像度ビデオをサポート
DS Vision 3000は、MINICOM社の新しいビデオエンジンを搭載し、最高1920x1440@60Hzの高解像度ビデオをサポートし、1080p フルハイビジョンビデオをCAT5ケーブルにて長距離伝送できます。スキュー補正などの調整機能により鮮明な画像が得られます。

CD品質のステレオ オーディオをサポート
DS Vision 3000 は、コンパクトディスク(CD)並みの高品質ステレオ オーディオをサポートし、グラフィカルユーザ インターフェィスから簡単に個々、グループまたは全装置の制御が簡単に行えます。

双方向フルRS232のサポート
デジタルサイネージネットワークシステムにおいて、ディスプレイの寿命は大きな課題です。DS Vision 3000は、制御信号も含んだフルRS232による双方向通信をサポートしており、分散配置したプラズマやLCDディスプレイを集中制御することにより、ディスプレイの寿命を延長できます。グラフィカルユーザインターフェィスにより個々、グループまたは全てのディスプレイの表示・音声・電源ON/OFFを簡単に制御できます。

DSVision 3000 サービスユーティリティによるセンターでの一括管理
付属のDS Vision 3000サービスユーティリティにより、ビデオ送信側にて、WEBベースのグラフィカルユーザインターフェィスにて表示や音声のON/OFFなど集中管理が可能。


リモコンやサービスユーティリティによるビデオ調整
オプションのリモコンや無償提供しているサービスユーティリティを使い、輝度、コントラスト、ケーブルスキューを調整し、長距離延長しても鮮明な画像を表示できます。

豊富なモデル
3種類の送信ユニット(1/8/16ポート)、8分配のラインスプリッタユニット、2種類の受信ユニットを用意し、現場でのディスプレイの配置状況に合わせて柔軟なシステム構築ができます。


HDMI、RS232、IR制御信号をEthernet HUBにて延長できるHCE-100エクステンダーDisplay Port、RS232、IR制御信号をEthernet HUBにて延長できるDCE-100エクステンダー、HDMI、RS232、IR制御信号を光ファイバにて延長できるHSE-100エクステンダーも参照して下さい。


特 徴
● 最高1920x1440@60Hzの高解像度ビデオをCAT5e/CAT6ケーブルにより延長
●1080p(1920x1080)のフルハイビジョンビデオをサポート
●CD品質のステレオ・オーディオをサポート
●1本のCAT5e/6/7 UTP/STPケーブルにて最大600m
離れた数千台のディスプレイにビデオ、オーディオ、双方向RS232を延長可能
●ビデオ調整ユニット又は付属ソフトウェアにより、スキュー、輝度、コントラストのビデオ調整が可能
●最大57.6 Kbpsの双方向フルRS232をサポート
●付属のユーティリティソフトウェアにより、日本語メニューのGUIにてディスプレイの一括制御が可能
●DDC2をサポート
●VESA準拠のマウンティング
●ブロードキャスタ(1/8/16ポート)、ラインスプリッタ、2種類のレシーバ、ビデオ調整ユニットから構成
●設置が簡単

DS Vision 3000システム構成図  

DS Vision 3000 各ユニットー背面
ブロードキャスター/ラインスプリッタ/レシーバ背面


画像調整ユニット
ビデオ調整ユニット
接続例

レシーバDCL(デュアルカスケード)とラインスプリッタを使って長距離ビデオ・オーディオを配信する例を示しています。

 
DS Vision 3000 システム接続例ー1
接続トポロジーの制御 

付属のユーティリティソフトウェアを使い、簡単にシステム変更、制御が行えます。例えば、2Fの全モニターの音を消すなどが簡単に行えます。

  
画質調整

DS Vision 3000では、以下の3種類の画質調整方法を提供おり、RGB信号遅延(スキュー)、輝度、コントラストを簡単に調整できます。
 ・ビデオ調整ユニットを使用
 ・付属のサービスユーティリティソフトウェアを使用
 ・ノートPCを使用し、LAN経由で使用
以下は、サービスユーティリティでの調整画面です。
 
 
主仕様
システム
ビデオ解像度 最高1920 x 1440 @ 60Hz (ケーブル長に依存する)
入出力ビデオ信号 アナログ信号 R,G,B 0.7Vp-p、75Ω
同期信号 TTL準拠
水平/垂直同期極性 正/負
システムケーブル CAT5e/6/7 UTP/STPストレート単線ケーブル AWG24準拠 (注1)
最大延長距離 600 m 
スキュー補正機能 〜63 nSec
DDC VESA DDC-2 準拠
RS232接続 双方向フルRS232( RXD, SXD, DTR, DSR, RTS, CTS)、57.6 Kbps max.
オーディオ ステレオ
動作温度 +5℃〜+40℃
保存温度 -40℃〜+70℃
無償保証 2年間
 構成部品 トランスミッタ
ブロードキャスタ
 (8/16 ポート)
ラインスプリッタ レシーバ/
レシーバ ロング/
ビデオ調整ユニット
接続&
LED
Video In : HDD15M
Video Out: HDD15F
Audio In:Jack PL 3.5 mm
Serial In : DB9F
System Out : RJ45 x 1/8/16
Control : RJ11
電源LED : 緑
System In : RJ45
System Out : RJ45 x 8
Control : RJ11
電源LED : 緑
System : RJ45
Video : HDD15F
Audio: Pin Jack
Serial : DB9M
Tuning: RJ11
電源LED : 緑
リンクLED:黄
To Receiver : RJ11
3 button tuning
供給電源
電源アダプタ
AC100〜240V 0.6A
12VDC 2A
 
AC100〜240V 0.6A
12VDC 2A
 
AC100〜240V 0.6A
12VDC 2A
 
レシーバから供給
 消費電力 トランスミッタ:3W
ブロードキャスタ:
 8P=7.5W, 16P=14W
 12 W  6 W  -
サイズ(mm) トランスミッタ:
  145 x 145 x 43
ブロードキャスタ:
  215 x 145 x 44
145 x 145 x 43 190 x 122 x 26 94 x 62 x 28
質量 トランスミッタ:397g
ブロードキャスタ:
 8P=610g, 16P=673g
 420 g  370 g  90 g
(注1)シールド無しUTP CAT5単線ケーブルでも使用できまが、シールド付きのAWG24 STP単線ケーブルの使用を推奨します。
(注2)解像度は、ケーブル長に依存します。またAWG26ケーブルの場合は、サポート伝送距離などが低下しますので推奨しません。
(注3)旧モデルの外部電源アダプタは、5Vタイプです。システム内に新旧モデルの混在は、可能です。


カタログは、こちら

*日本語マニュアルは、製品に添付して出荷されます。